綺咲愛里(星組)のトップ二人同時退団はなぜ?理由は病気や年齢は本当?次の娘役は誰か気になる!

2019年2月5日、星組トップ娘役の綺咲愛里さんが退団を発表しました。
星組トップ男役の紅ゆずるさんと同時退団ということで、驚いている方も多いと思います。

今回は

・なぜトップ二人同時退団なのか?
・退団の理由は病気や年齢なのは本当なのか?
・そして次期トップ娘役は誰になるのか?

という予想をして行きたいと思います!

Sponsored Links

綺咲愛里の退団会見のようす

https://twitter.com/melody__tkrstar/status/1093478862363623425

10月13日付で宝塚歌劇団を退団すると発表した星組娘役トップ、綺咲愛里(きさき・あいり)が6日、宝塚市内で会見。同組トップ、紅(くれない)ゆずるに寄り添い続けた綺咲は、“添い遂げ退団”に「迷いはありませんでした」と言い切った

綺咲愛里のプロフィール

(芸名:綺咲愛里(きさきあいり)
誕生日:10月30日
出身: 兵庫県川西市
身長: 163cm
血液型:A型
愛称: あーちゃん

2008年4月 宝塚音楽学校入学
2010年3月 宝塚歌劇団入団に96期生として入団
2010年の月組公演『THE SCARET PIMPERNEL』にて初舞台
その後星組に配属されます。

2012年『ジャン・ルイ・ファージョン』で主演の紅ゆずるさんの妻役を演じています。
2016年11月21日付けで、紅ゆずるさんの相手役として、星組トップ娘役に就任しました。

綺咲愛里さんの詳しいプロフィールはこちらをどうぞ!

綺咲愛里の本名と年齢や妹の芸名は?歌唱力や実家がお金持ちなのか気になる!

2019.01.26

綺咲愛里の退団はなぜ?理由は病気?

『綺咲愛里 退団』と検索をかけると『病気』という単語ができてきます。

が、特に病気だったり怪我による退団、という理由は出てこないんですよね。
よって、綺咲愛里さんが病気が理由で退団というのはなさそうです。

では年齢なのか?
娘役の退団平均年齢は30歳前後とも言われています。
綺咲愛里さんは1991年10月30日生まれの現在28歳ですから、これは当てはまるかも?

と思いましたが、退団会見時の綺咲愛里さんの言葉に全てが詰まっている気がします。

「相手役の紅ゆずるさんと最後まで共に」

が一番の理由かもしれません。

2月6日の紅ゆずるさんの退団会見でも、綺咲愛里さんとの同時退団について触れられていましす。
(産経ニュースの退団会見記事から)

綺咲愛里さんは紅ゆずるさんから退団する旨を聞き、

「あなた(の進退)はあなたの人生だから、自分で決めなさい」

と紅ゆずるさんは言われたそうです。

しかし

「絶対に紅さんと一緒に卒業します」

と綺咲愛里さんはその場で即答したと語っています。

この答えに対して紅ゆずるさんは

「本当に幸せで、ありがたい。すてきな相手役を持ったな」

と話していました。

下級生時代から紅ゆずるさんの相手役を務めることが多かった綺咲愛里さん。
今の宝塚生活を全っとうしたいと、今後については考えていないそうです。

“添い遂げ退団”と表現された今回のトップ同時退団。

「最後まで相手役を全うしたい」

と語る綺咲愛里さんの退団最後の日まで目が離せませんね!

Sponsored Links

次の娘役トップは誰に?ネットの予想

次の星組娘役トップの発表はまだまだ先ですが、つい予想をしてしまいますよね。
男役トップは予想しやすいけど、娘役は予想が難しいとの声が目立ちます。
その中でいくつかお見かけしたお名前はこちら

ネットの予想

・有沙瞳さん。気品があり歌もうまい!
・水乃ゆりさん。これからの活躍に期待!
・星蘭ひとみさん。最近の流れだと可能性が高いと思う。
・小桜ほのかさん。歌がとてもうまいです!
・音波みのりさん!とても推したい!

他には舞空瞳さんのお名前も上がっていました。
次期男役の予想の元、現在は

・舞空瞳さん
・有沙瞳さん

のお二人が次期娘役トップ有力なようです。

Sponsored Links

まとめ

退団会見でお約束の“寿退団”についての質問に、紅ゆずるさんは

「宝塚での結婚は綺咲としました」

と語っていました。
紅ゆずるさんと綺咲愛里さんの絆の深さが感じ取れます。

紅ゆずるさん、綺咲愛里さんのサヨナラ公演

『GOD OF STARSー食聖ー/エクレール ブリアン』

です。

7月12日〜8月19日 兵庫・宝塚大劇場
9月6日〜10月13日 東京宝塚劇場

にて上演されます。

星組の紅ゆずる・綺咲愛里のトップコンビが見られるのはこの作品が最後!
ぜひ観に行きたいですね!

今回は星組トップ同時退団について、特に綺咲愛里さん中心にご紹介しました。

最後までお読みいただき有難うございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です