蘭寿とむの夫の勤務先は三菱商事で再婚の噂は本当?画像と年齢も調査!

宝塚歌劇団は、花・月・星・雪・宙(そら)の5組があります。いつの時代も人気があり、退団後はテレビや舞台など
いろんなところで活躍されてます。

そんな宝塚花組だった蘭寿とむさんの人気は本当にすごくて、女優の北川景子さんもその魅力のとりこになったくらいです。

男役のイメージがある蘭寿とむさんですが、退団後、結婚されました!
どんな人が、あのトップスターの蘭寿とむさんのハートを射止めたのか、とっても気になります!

この記事では、蘭寿とむさんの結婚した顔画像年齢勤務先再婚の噂についてなどまとめましたので最後までお楽しみください♪

Sponsored Links

蘭寿とむのプロフィール

プロフィール
芸名:蘭寿とむ(らんじゅ とむ)
本名:阪本真由(さかもとまゆ)
出身:兵庫県西宮市出身
生年月日:1975年8月12日生
身長:170cm。
血液型:O型
学歴:武庫川学院高等学校⇒宝塚音楽学校82期生
愛称:とむ、まゆ、らんとむ
所属事務所:ジーアールプロモーション

初舞台は1996年『CAN-CAN』。花組に配属。
2006年に宙組へ異動。2011年花組へ異動しトップスターに就任。お披露目公演は『ファントム』。
2014年5月『ラスト・タイクーン‐ハリウッドの帝王、不滅の愛‐』『TAKARAZUKA∞夢眩』東京宝塚劇場公演千秋楽にて退団。

蘭寿とむさんが在籍した82期生の受験倍率は過去最高の48.2倍!
そんな高倍率にも関わらず首席で入学し、卒業までずーっと首席の座を譲らなかったそうです。

エンタの神様やSMA✕SMAなど外部出演も多くこなしました。

現在は事務所に所属し、舞台やドラマなどに出演しています。

宝塚時代の代表的な作品は
『逆転裁判 蘇る真実』

『ファントム』

・退団公演のTAKARAZUKA ∞ 夢眩」(’14年花組・東京・千秋楽)

蘭寿とむさんが宝塚に入団したのは1996年でした。
当時は花組に配属されましたが2006年に宙組に異動となり、
2011年に花組に戻って男役のトップスターになりました。

3年後の2014年に宝塚を退団後の現在は舞台やテレビドラマなどに出演。
CDなどのアルバムも出しています。

テレビドラマでは2016年放送で中谷美紀さんが主人公の「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」
で中谷さんの友人で独身グルメ女子会のメンバーの山本望海 役を演じました。


第3話で一番左端に座っているのが蘭寿とむさんですね。
雰囲気あるなー。

宝塚在団中は男役の中の男という感じで、もう男性としかみれないくらいでしたが退団後は髪の毛も伸ばしてご自身が持つ本来の女性としての美しさが現れ、
それは神々しいくらいです。


Le Ange [CDアルバム]

う、う、美しい!!

>>蘭寿とむのグッズはこちら

Sponsored Links

結婚した夫の年齢と顔画像は?

こんな美しく才能にあふれた蘭寿とむさんのハートを射止めた男性がいます!
う、う、うらやましい・・・。

蘭寿とむさんは2016年9月に一般人の男性と結婚しました。
発表は公式サイトとご自身のブログでした。

この度、私事ではございますが、昨日、一般の方と入籍しましたことをご報告致します。

どのような時も、私を受け止めて包んでくれる彼と、この先の人生もずっと一緒に歩んでいきたいと思うようになりました。
これからもお互いを思いやる心を大切に、笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います。

今までのご支援に感謝致しますとともに、今後も宜しくお願い申し上げます。

2016年9月28日

蘭寿とむ

引用:蘭寿とむオフィシャルブログ

どんな男性が蘭寿とむさんのハートを射止めたのか気になりますね~

さんのプロフィールを簡単に作ってみました

名前:一般人のため不明
年齢:たぶん40代後半~50代(現在)
職業:商社勤務

一般人の方なので情報がほとんどありません。

年齢が40代後半と判明したのは理由があって、旦那さんの妹さんである田中里依さんが宝塚出身で年齢を公表しており、1971年生まれとわかったからです。

蘭寿とむさんが結婚されたのは2016年でした。
当時、妹さんの年齢は44歳。
となると旦那さんの年齢は40代の半ば以上と考えられます。

職業は、商社勤務のエリートサラリーマンとのこと。
宝塚で蘭寿とむさんはトップで男役をずっとやってきました。
そして旦那さんも、おそらく海外赴任をするなどバリバリ仕事をこなす人でしょう。
こういったところに、共通する部分があるのではないでしょうか。

一般人ということで、旦那さんの名前は不明とのこと。
顔写真や画像なども、プライパシーの問題があるので公開されていませんが、宝塚出身の妹さんの画像は公開されています。

きれいな方ですね~。
お兄さんである蘭寿とむさんの旦那さんに似ているのでしょうか?

旦那さんも蘭寿とむさんと同様に高身長の方かもしれないですね
美男美女のカップルの予感!

ちなみに旦那さんの妹さんの田中里依さんは宝塚の76期生で1990年に入団し、1996年11月に退団しました。
蘭寿とむさんと同じ男役だったそうです。

蘭寿とむさんの入団は1996年3月で同じ花組に所属していたので、先輩後輩の間柄だったんですね。
田中里依さんは現在は芸能事務所に所属し、舞台やドラマに映画など女優として活躍しています。

そして旦那さんのお母さんも伯母さん二人も宝塚出身なんですねー。
そしてこちらもまた男役でした。

さらに驚きなのが、松岡修造さんと旦那さんは従兄同士!
松岡修造さんのその娘の松岡恵さんも、確か宝塚音楽学校に在学中でしたよね。
入学式ではばっちりリーゼントで決めていたところから男役を目指しているそうです。

ここまで宝塚出身が家族に揃っているのも珍しいかも!

蘭寿とむさんもお姑さんに義理の妹さんも男役を演じられていたといった共通点に驚きです。
ひょっとしたらお兄さんと蘭寿とむさんのめぐり合わせは、妹さんがキューピット役だったかもしれないですね♪

夫の勤務先は三菱商事で再婚の噂は本当?

まゆさん(@ma.yu3051)がシェアした投稿

蘭寿とむさんの旦那さんは、大手総合商社に入社しました。
そして海外勤務を経て、現在は東京本社に勤めているそうです。

大手商社というと、三菱商事・住友商事・伊藤忠商事などがあげられます。
その中でも、三菱商事ではないのでは?という噂があります。

三菱商事にお勤めという噂に加えて再婚ではないか?とも言われてます。
それは海外勤務が噂の元と考えられます。

商社の海外勤務は日本の会社の風潮と違い、部下がいないんだとか。
なので仕事をはじめ、他の雑務など全部自分一人でやらなければなりません。
一人でこなすのは、かなり大変だそうです。

そのため手伝ってもらえるパートナーの方がいたのでは?と思われています。
その他にも蘭寿とむさんと結婚された時の年齢が、40代または50代ということからも再婚なのでは?
という噂です。

もちろん、再婚か初婚かについては公表されていません。

初婚だろうが再婚だろうがお二人が幸せならあまり関係ないと思いますが、こういうのが知りたい人もいるんですね。

まとめ

元宝塚歌劇団の蘭寿とむさん、そして旦那さんについて気になることを調べてみました。
旦那さんには宝塚出身の家族がいたことに驚きました。

それだけでも驚きなのに、松岡修造さんと従兄で、その松岡修造さんの娘の恵さんも
宝塚音楽学校に入学していて、すごい繋がりがあるのだなと感じました。
まさに運命ですね。

旦那さんは商社勤務ということですので、頭が良い人といったイメージがあります。
長く海外勤務もされていたでしょうから、英語も堪能な方なんでしょうね。

蘭寿とむさんは宝塚音楽学校の時も宝塚入団時において、どちらとも首席でした。
誰もが、首席をとれるわけではありません。

当時はかなり、優秀であり努力家だったということがわかります。

2018年の現在は宝塚を退団されて4年の月日がたちました。
宝塚時代にはできなかったことを、今謳歌していることでしょう。
仕事もプライベートも充実されていて、何よりだと思います。

でもファンの人たちはきっとまた舞台やテレビで活躍する姿を見たい!
と思っているでしょう。楽しみですね!

>>蘭寿とむの過去の宝塚舞台の動画を見るのはコチラ!「蘭寿とむ」で検索!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です