音波みのりの本名・年齢と成績は?高校とトップ路線落ちか気になる!

こんにちは!
今回は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役スターの音波みのりさんのご紹介です!

研6の時に初ヒロインに抜擢と、少し遅咲きの娘役さんですが
研16(2020年時点)となった現在、ベテラン娘役として舞台を支えています。

ヒロイン経験豊富なのもあり、ヒロイン力がとても高い音波みのりさん。
この記事では、音波みのりさんの気になる本名年齢成績にくわえ、路線についてまとめてみました。

Sponsored Links

音波みのりのプロフィール


プロフィール
芸名:音波 みのり(おとは みのり)
誕生日:11月29日
出身:神奈川県横浜市
身長:160㎝
血液型:O型
学歴:八雲学園高等学校出身
愛称:はるこ
91期生

小学3年生の頃からモダンバレエを習ってきた音波みのりさん。
初めて宝塚歌劇を観劇したのは中学生の時。
1999年に花組が、TAKARAZUKA1000days劇場で公演した『夜明けの序曲』でした。

いつか舞台人になりたいと思っていたため、お母様に宝塚を教えられ、受験しました。
しかし1回目の受験は一次試験も通らずに不合格。

一度は諦めましたが高校3年の秋、未練を断ち切れず
家族との約束で大学受験と平行し2度目の音楽学校の受験を決意しました。
この時、試験まで4ヶ月。受験のためのレッスンも再開しました。

試験直前まで、怪我のため、松葉杖とギプス生活をしいられましたが
燃えたぎる情熱とありのままの自分をみていただこう
と体当たりで試験に挑み、見事合格しました。

経歴
2003年 宝塚音楽学校に入学

2005年 宝塚歌劇団に91期生として入団。

2005年3〜5月 花組公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台。
 その後、星組に配属されました。

2010年8月 『摩天楼狂詩曲』でバウホール公演初ヒロイン(華雅りりかとダブルキャスト)。

2010年10〜12月 『愛と青春の旅だち』で新人公演初ヒロイン

2011年1〜2月 『メイちゃんの執事』(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン

2011年11〜2012年2月 『オーシャンズ11』で2度目の新人公演ヒロイン

2012年3月 『天使のはしご』(日本青年館・バウホール公演)で、2度目の東上公演ヒロイン

2019年5月 『アルジェの男』で全国ツアー公演初ヒロイン

特にもう一度やりたい役
■『風と共に去りぬ』のメラニー
■『燃ゆる風』の濃姫
■『Killer Rouge』“TANGO ROUGE/紅麗踊”の恋人

Sponsored Links

音波みのりの本名・年齢と成績

この投稿をInstagramで見る

星の女神 #音波みのり #トップ娘役になってほしい

haruko(@pure_haruko)がシェアした投稿 –


音波みのりさんの本名ですが

福田暖子さんといいます。

年齢ですが、

高校3年生の時に音楽学校に二度目の受験をし合格していますので、1984年生まれだと推測できます。
2020年で、36歳になられます。

入団時の成績は47人中29番でした!

Sponsored Links

音波みのりの高校と実家

音波みのりさんの出身高校は八雲学園高等学校です。

八雲学園高等学校は東京都目黒区にある、私立の中高一貫校です。
以前は女子校でしたが、2018年から共学化しました。

女子校の時は“お嬢様学校”と評されていたようです。

ということは、音波みのりさんのご実家はかなり裕福なのでは??
と思い調べてみましたが、音波みのりさんの実家に関する情報はありませんでした。

音波みのりさんは幼少期からモダンバレエの他に、学習塾や習字、英会話にも通われていたそうです。

宝塚の受験対策を再開した時には声楽のレッスンも受けていたということなので、1か月の塾代だけでもかなりな金額になることがわかります。

子どもの将来のためにはお金を惜しまないという方針なのかもしれませんが、ない袖は振れないのでご実家はそれなりに裕福だったのではないかと想像できますね。

Sponsored Links

音波みのりはトップ路線落ち?

「音波みのり」と検索するとなぜか出てくる

路線落ち

というワード。

ということは、ファンの間ではそんな風に思われているのでしょうか・・・

音波みのりさんは新人公演ヒロインや、バウ、東上公演ヒロイン経験者です。
今までのヒロイン経験数は以下の通りです。

■新人公演ヒロイン2回
■バウ ヒロイン1回
■東上公演2回
■全国ツアー公演ヒロイン1回

これだけでも路線に乗っていると思うのですが
音波みのりさんは2020年には研16です。

宝塚ではトップよりも学年が上になってくると、トップ娘役は厳しいのでは・・・
と言われています。

また、100期以降の若手娘役が推されている印象もあり、音波みのりさんは路線落ちしたのでは・・・と思われているようです。

2019年5月公演の全国ツアー『アルジェの男』で、ヒロインに抜擢という爆上げがあったものの、音波みのりさんは91期生。

ちなみに遅咲きのトップ娘役だった、仙名彩世さんは94期生でした。

実力は充分あるもののトップ娘役になるには、ちょっと学年が上かなぁ・・・

と思ってしまいますね。

Sponsored Links

音波みのりの退団時期

音波みのりさんは前述のとおり2020年で研16。
そろそろ退団が発表されてもおかしくない学年だと思います・・・。

実際に、音波みのりさんの同期である91期生で現役なのは、ご自身を含めて7人(2020年6月現在)

2019年5月公演の全国ツアー『アルジェの男』でのヒロイン抜擢は、相手役の礼真琴さん(95期生)より学年が上でしたのでかなり珍しいパターンでした。

もしかしてこの抜擢は、餞別的な意味なのか!?
なんて邪推してしまいました・・・。

一番予想された退団時期は、2019年5月28日(『GOD OF STARS-食聖』の集合日)。
この時は、退団者にお名前がなく胸をなでおろしたファンも多かったようです。

しばらくは退団されないのでは・・・。
『アルジェの男』のヒロイン抜擢がやはり気になりますし。

ベテランの別格娘役として、今後もご活躍されるのを期待しております!

最後までお読みいただきありがとうございました!

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Sponsored Links









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です