海乃美月の退団時期はいつ?怪我で休演や問題発言が理由なのかが気になる!

現在怪我にて部分休演中の海乃美月さん。

怪我や過去の問題発言が退団時期を早めるのでは?
と心配されています。

レビューで海乃美月さんのダンスが見られないのが残念でなりません(´;ω;`)

今回は
海乃美月さんの退団時期の予想
その理由となるのは怪我なのか
問題発言なのか?

に迫って見たいと思います!!

海乃美月のプロフィール


PROFILE
芸名:海乃 美月(うみの みつき)
誕生日:5月18日
出身:富山県氷見市
身長:164cm
血液型:O型
学歴:市立北部中学校出身
愛称:「うみ」、「くらげ」
兄弟:2歳上の姉、5歳下の妹、7歳下の弟がいる。
月組所属

【主な出演作品】
『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
『THE KINGDOM』
『PUCK』/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
『A-EN(エイエン) ARI VERSION』
『エリザベート -愛と死の輪舞-』
『瑠璃色の刻』

【受賞歴】
2016年 「宝塚歌劇団年度賞」2015年度新人賞


海乃美月さんはヒロイン経験も多いです。
新人公演ヒロインは3回。
エトワール経験2回。
バウホールでのヒロイン経験2回。
そして単独ヒロイン経験あり。

入団時からお役にも恵まれている印象があります。
何より海乃美月さんの実力が素晴らしいからでしょうね╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

Sponsored Links

海乃美月の経歴

海乃美月さんはどんな経歴なのでしょうか!!
幼少期は?
入団前は?
と、気になる経歴をご紹介していきます!

幼少期

・幼い頃は2歳上のお姉様が大好きだった海乃美月さん。
 お姉様とお二で実家のレストランを手伝ったりしたそうです。

・幼稚園で『才能教室』という時間があったそうです。
 好きな科目を選択して受けられるため
 お姉様と同じバレエを選択しました

・しかし脚が全く開かない!どんどん怒られるのが嫌に教室が嫌に!
 教室の時間になると逃げ出そうとしたそうです。
 先生を困らせてしまったとか。

・嫌になったバレエも、人前に出るのは好きだったので
 次第に打ち込むようになったそうです。
 みんなで踊っていると勝手にセンターへ出てしまったこともあったようですよ。

小学生時代

・小学校からは、富山市や射水市のバレエスタジオに通うようになりました。

・初めて観劇した宝塚の公演は
 星組公演『王家に捧ぐ歌』

・同じバレエスタジオ出身の
 麻尋しゅんさんが
 新人公演でアイーダを演じる
ため
 バレエスタジオのバスツアーで観劇したのだそうです。
 本公演・新人公演共に観劇。

・その後『ベルサイユのばら』を観劇。
 華やかな宝塚の世界に魅了されます。

・その後も定期的に宝塚へ観劇に通いました。 
 当時一番の憧れは遠野あすかさんさったそうです。

・小学校高学年になると、バレエ中の生活になりました。
 バレエのコンクールへ出場もしてました。

・地元の合唱クラブにも参加していたそうです。

・・・・・・とても多忙な小学生時代ですね・・・海乃美月さんすごい・・・。
富山県から宝塚に観劇に行くのは
大人ならひょいっといけそうですけど
小学生の頃から定期的に観劇に行っていたとは・・・!
その環境が素晴らしいー!!

中学生時代

・地元の中学へ進学。
 バレエと両立可能なバスケ部に入部しました。

・小学生の頃からクラス委員を務めることが多かったため
 中学でもクラス委員に選ばれたそうです。

・中学一年生の冬。
 県民ミュージカルに出演!
 オーディションで主役に抜擢!!

・初めての芝居。この経験から声楽も習い始め
 改めて宝塚受験を強く意識するようになりました。

・高校入試は、お姉様と同じ高校を受験し、合格しました。

 しかし!!

・『自分は宝塚へ行く』
 という根拠のない自身があり
 高校の入学説明会を受けたその足で
 お母様と宝塚へ向かい
 宝塚音楽学校の受験に臨みました。

・そして宝塚音楽学校に見事合格した海乃美月さん!

2009年4月に宝塚音楽学校に入学しました。

2009年の受験は前年度より受験時の審査基準が変わった年でした。

実技重視 → 将来重視 に選考方針が変更。

新しい受験基準で合格した海乃美月さん。
実力だけでなく、将来性もキラリと輝いていたのでしょうね(^-^)

Sponsored Links

宝塚音楽学校・宝塚に入団してから

https://twitter.com/furiruko/status/1137302909819899904

・2009年4月 音楽学校入学 に入学しました!

・音楽学校卒業時には宝塚音楽学校校長賞を受賞しています。
 優秀・・・!!!

・2011年3月 宝塚歌劇団に97期生として入団しました。
 入団時の成績は5番だったそうです。

・初舞台は2011年4月~5月
 星組『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』
 に宝塚大劇場で公演されました。

・組廻りを経て月組に配属。

・『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
 (2014年)
 両作品で新人公演初ヒロインを務めます。

・2014年7月~8月 
 『THE KINGDOM』(日本青年館・シアタードラマシティ)
  早乙女わかばさんとWヒロイン!!

・2014年9月~12月 
 『PUCK』/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
 新人公演2度目のヒロイン!
 そして初エトワールを務めました。

・2015年9月
 『A-EN(エイエン) ARI VERSION』(バウホール)
 バウホール初ヒロイン

・2017年11月~12月の全国ツアー
 『鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-』/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
 2度目のエトワールに!!

・2018年8月~11月
 『エリザベート -愛と死の輪舞-』
 ヴィンディッシュ嬢を演じました。

・2019年1月(バウホール)
 『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』*
 バウホール2回目のヒロイン

小学生からのバレエ経験に
県民ミュージカルへの出演。
小さい頃からの舞台経験が
海乃美月さんを支えていたのでしょう(^ ^)

宝塚に入るためのような経験、経歴な気がいたします(╹◡╹)

怪我で休演でささやかれる退団時期はいつ?

宝塚の公式ホームページにて
海乃美月さんが怪我で休演されることが発表されました。

全日程部分休演
(月組)海乃 美月
※怪我のため『クルンテープ 天使の都』を休演いたします。
※『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』は出演いたします。

※宝塚歌劇団公式HPより引用

お芝居は出演されますが、レビューの方はお休みということですが・・・

怪我の具合が心配です(´;ω;`)

また今回怪我による休演から

海乃美月さんが退団されるのでは・・・?

という心配の声もでています。

怪我の他にも、海乃美月さんが退団が噂される理由があります。

海乃美月さんは娘役トップの路線にも乗っていましたが
タイミングがなかなか合わないね・・・と言われていました。

美園さくらさんがトップ娘役に就任したことで
学年的にも(海乃美月さんは今年研8)

今後トップ娘役になるのは厳しいのでは

・・・という意見も多いです。

今まで多くのヒロイン役に恵まれて来ましたが
下級生の美園さくらさんがトップ娘役に抜擢されたのは
ご本人にとってはやるせないのではないか

なんて思ってしまいます。

月組がフレッシュさとか、若返り人事とか・・・
・・・考えた結果なのですかね・・・。

そしてここに来ての怪我による部分休演。

色々と今後を考えている時期なのでは?

と噂されています。

退団予想はしたくない気持ちもありますが

もし退団されるとしたら、時期はいつなのでしょうか。

美弥るりかさんとの同時退団が有力視されていましたが
怪我のため現在公演中の『夢現無双』は部分休演。

今回の怪我により、退団時期は延期。

次の公演で退団するのでは?

という見方もされています。

ご自分が納得するまで退団するのがタカラジェンヌ

と思います。

海乃美月さんも、納得するまで退団しないのではないでしょうか。

まだまだ海乃美月さんがご活躍するお姿を見ていたいです!!

Sponsored Links

問題発言の「狂う」とは?

『海乃美月 狂う』

という検索ワードを見かけます。

海乃美月さんの問題発言として、話題に上がることが多いです。

この発言は『エリザベート』の稽古場で発言されたものでした。
(タカラヅカ・スカイ・ステージの『タカラヅカニュース』にて放送されました)

海乃美月さんが演じるヴィンディッシュ嬢の役について

狂ってる

と表現。

さらに

狂ってるお芝居したら音も狂っちゃう

など、『狂う』と連呼したそうです。

後日この放送回は

『不適切な表現があった』

と謝罪文がだされました。

すみれコードにひっかかるのでは?
もしかしてこの発言で退団時期早まったりしない?

と心配されました。

こういった発言で退団が早まることはないようですが。

(狂う、の発言よりヴィンディッシュ嬢を『統合失調症』と表現したのがよくなかったと言われています)

どんな役柄なのかお伝えするための言葉選びも
気をつけないといけないのは
本当に大変だと思います・・・・・・。


海乃美月さんは実力も経験もある素晴らしい娘役です。

研9でトップ娘役に決定した仙名彩世さんの例もあります。

海乃美月さんのトップ娘役になったお姿も見たい・・・

と思いつつ、早く怪我が治りますように・・・と今は祈ります。

海乃美月さんの今後に思いを馳せながら

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です