宝塚97期生の年齢と成績一覧!退団者が多い理由はいじめの存在なのか気になる!

こんにちは!
今回は宝塚97期生年齢成績についてのご紹介です。

宝塚歌劇団97期生

2009年4月に宝塚音楽学校に入学

2011年3月に宝塚歌劇団に34名が入団しました。

合格倍率は27.65倍。
受験者数は昨年比252人増の1106人!!

ひえぇぇぇ・・・すごい数字・・・

97期から、入学試験方法が変更になり

実技重視 → 将来性重視

となったそうです。

初舞台は星組公演
ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin’ star-
でした。
(2011年の4月〜5月・宝塚大劇場のみ)

ラインダンスは羽山紀代美先生が振付を担当。
(羽山先生の振付が大好きなワタクシ大興奮)

そんな新基準の試験を突破した97期生の気になる退学退団者が多いんですね。
なぜ退学・退団者が多いのか?その原因はいじめなのか・・・?
についても書いていきます!

宝塚97期生の年齢別一覧

2019年6月下旬現在のご年齢別一覧です!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

25歳組

現役
・綺城ひか理
・姫咲美礼

OG
・彩月つくし(2016年退団)(8/6)
・舞矢聖華(2011年退団)

26歳組

現役
・留依蒔世(6/23)26歳
城妃美伶(6/12)26歳
海乃美月(5/18)26歳
・朝霧真(6/17)26歳

OG
・矢吹世奈(2018年退団)(5/9)26歳
・碧宮るか(2019年退団)(5/13)26歳
・凰羽みらい(2016年退団)※高一修了
・水沙瑠流(2016年退団)※高一修了

27歳組

現役
・叶ゆうり ※高二修了

OG
・貴遠すず(2013年退団)※高二修了

27歳組〜28歳

現役
永久輝せあ

28歳組

現役
・蓮つかさ ※高三修了

26歳〜29歳組

現役
・華鳥礼良
・夢なつき
・沙羅アンナ
・秋奈るい
・春妃うらら
・佳城葵
・雛リリカ
・水香依千
・紅羽真希
・花菱りず
・桃堂純
・彩葉玲央

OG
・ひめ乃礼絵(2014年退団)
・夢人麻未(2012年退団)
・水月牧(2015年退団)
・朝日奈蒼(2018年退団)
・澤佳津伎(2012年退団)

Sponsored Links

宝塚97期生の成績順

97期生入団時の首席
2017年の「王妃の館」で新人公演初主演を果たした
留依蒔世さんです!

1留依蒔世(宙組男役)
2ー華鳥礼良
3城妃美伶(花組娘役)
4ー矢吹世奈
5海乃美月(月組娘役)
6永久輝せあ(雪組男役)
7ー彩月つくし
8蓮つかさ(月組男役)
9ー夢なつき
10ー蒼瀬侑季
11ー沙羅アンナ
12ーひめ乃礼絵
13ー貴遠すず
14綺城ひか理(花組男役)
15ー秋奈るい
16春妃うらら(花組娘役)
17ー佳城葵
18ー朝霧真
19ー雛リリカ
20ー夢人麻未
21ー水香依千
22ー凰羽みらい
23ー紅羽真希
24ー花菱りず
25ー叶ゆうり
26ー桃堂純
27ー水月牧
28ー朝日奈蒼
29ー澤佳津伎
30ー姫咲美礼
31ー彩葉玲央
32ー碧宮るか
33ー水沙瑠流
34ー舞矢聖華

※一部参考 ウィキペディア

新人公演主演・ヒロイン経験者が上位に集中していますね!

Sponsored Links

退団者が多いのはなぜ?いじめが関係してる?

さて、97期生は退団者が多いと言われています。

退団者もですが
宝塚音楽学校入学時は40名いましたが

→4名が退学
→2名が留年(後に退学)
→2名が体調不良により入団1年目で退団

音楽学校在学中に6名が退学
卒業し、宝塚入団1年目だけでなく、2年目も3名が退団しました。

音楽学校から合わせると実に11名が退学・退団となってしまった97期生。

なぜこんなに97期は少なくなってしまったのか?

原因はなんだろう・・・と調べてみると

少なからず96期のいじめ問題の影響があったのでは・・・と言われています。

ただ、97期の中でいじめがあったかどうか情報はありませんでした。
本科生に96期がいる時に入学でしたから何かしら、雰囲気がよくなかったのでしょうか・・・。

もう一つの原因に、

97期生から音楽学校の合格基準が変更になったことでは?

という声も多くありますす。

今までは実力重視でしたが、97期からは将来性重視で選考されるようになりました。

「将来性」というのが、ちょっと分かにくいですよね・・・?

この「将来性」というのは、容姿なのでは?という話もあります。

容姿重視で実力は二の次だったのでしょうか・・・?

だとしたら、音楽学校の授業もついていくのも大変でしょうし試験に合格する実力ももしかしたら届かなかったのかもと
想像してしまいますね・・・。

それぞれ事情は異なると思いますが、ちょっと多すぎる退団者の数にはファンとして色々考えてしまいます・・・。


そして97期前後の期に力が入りすぎたためか、97期からトップスターが生まれていないのがファンの間で懸念されています。

新人公演主演・ヒロイン経験者はいらっしゃるんですけどね・・・。

97期生は「将来性」という新基準で選ばれた以上、新たなタイプのタカラジェンヌだと思います。
ぜ・ひ・と・もトップスターが誕生して欲しいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました♪

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です