なつ颯都の本名・年齢と成績は?出身校と同期は誰で歌唱力の評判も気になる!

こんにちは!
今回ご紹介するのは、宙組男役のなつ颯都さんです。

研究科3年目とかなりの若手ながら既に活躍されているなつ颯都さん。

今回はそんな、なつ颯都さんの気になる本名年齢などのプロフィールや同期について、また歌唱力評判は?など色々まとめてみました!
ぜひ最後までお楽しみ下さい。

なつ颯都のプロフィール

プロフィール
芸名:なつ 颯都(なつ はやと)
誕生日:11月8日
出身地:埼玉県川口市
身長:175cm
愛称:「とく」、「なっつん」

なつ颯都さんの趣味は「美味しい物巡り」、また集めている品は「キラキラしている物」なんだとか…!なんだか可愛らしい趣味ですよね。
また、175㎝でスタイル抜群のなつ颯都さんですが、好きな食べ物は「米、唐揚げ」とこれまた驚きのプロフィール!タカラジェンヌは体力勝負の面もあると思うので納得ですね。

来歴
2015年4月:宝塚音楽学校入学。

2017年3月:宝塚歌劇団に入団。103期生
雪組公演「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!」で初舞台。
同年5月:宙組に配属。

2018年:『異人たちのルネサンス』新人公演でロレンツォ・デ・メディチ役(本役:「芹香 斗亜(せりか とあ)さん」)に抜擢。

『異人たちのルネサンス』新人公演では2番手の役に抜擢されたなつ颯都さん。この発表には宙組ファンの方ですら驚かれていました…。
当時のなつ颯都さんはまだ入って2年目と若手だったのに加え、宙組には他にも若手スターがいるので「なんで?」という意見があったのも確かです。
新人公演では、堂々とした舞台姿に「こんな子がいたのか!」と良い意味で期待を裏切られたファンが多かったです。

Sponsored Links

なつ颯都の本名・年齢と成績

https://twitter.com/wDaiHZxELruEYwf/status/1046404898231803905

本名や年齢なども気になるところですよね…

なつ颯都さんの本名は、

『徳村有紗(とくむら ありさ)さん』です!

愛称の『とく』は本名から由来されているのですね♪

また2019年現在の年齢は、

1999年11月8日生まれということで、
現在なんと19歳…!

調べて目を疑いました…、なつ颯都さんは中学卒業後すぐに宝塚音楽学校へ入学されているので未成年でも可笑しくないのですよね。
そう考えると、青春を宝塚に捧げているタカラジェンヌさん達がさらに眩しく思います。

最後になつ颯都さんの宝塚入団時の成績は、

36番/40人中でした。

これは現在の活躍から考えると意外ではないでしょうか。

しかし、現在の星組トップスター紅ゆずるさんを見ても分かるように、成績が全てというわけでもないのです。

入団時の成績が良くなくてもその後活躍される方、それを上回る魅力がある方は多くいらっしゃいます。

実際に、なつ颯都さんは抜擢に負けることなく活躍の場を広げていらっしゃいます、それはご本人の実力に違いありません。

Sponsored Links

なつ颯都の出身校

なつ颯都さんの出身はどちらなのでしょうか?

出身地は埼玉県川口市、そして川口市立青木中学校出身です。
青木中学校は埼玉県の公立中学校ということで、タカラジェンヌさんの中では珍しい出身かもしれません。

ファンにとっては親しみも感じるかもしれませんね。

なつ颯都の同期は誰?

なつ颯都さんは、103期生です。

同期の中で新人公演の主演(ヒロイン)を務められた方は、
宙組娘役の夢白あやさん。
新人公演ヒロインを3回、バウホールヒロイン1回

月組娘役の白河りりさん。
新人公演ヒロイン1回(2019年9月現在 予定)

また、新人公演やその他の公演で活躍されている方は、
宙組男役の亜音 有星さん。
新人公演3番手の役を経験

花組男役の希波らいとさん。
赤坂ACTシアター公演『花より男子』にてメインキャストに抜擢される

これらの方々が特に注目されている印象です!
103期生の方はいきなりの抜擢が多いイメージがありますね。

103期生について詳しくまとめています。よかったらこちらもどうぞ!
↓↓↓

宝塚103期生の年齢・本名と成績一覧!首席入学と将来トップスターの路線は誰か気になる!

2019.07.07

なつ颯都の歌唱力の評判は?

なつ颯都さんといえば歌!

今はまだあまり浸透していないかもしれませんが、今後宝塚ファンなら知っていて当然のことになるかも…。
既に歌で活躍されている公演もあるんです。

またあまり知られていませんが、なつ颯都さんは宝塚音楽学校の本科生の時、秋の音楽会でソロ歌唱を披露していらっしゃいます。

宝塚音楽学校は卒業前の文化祭が有名ですが、実はその前に音楽会という発表会も行われているんです。

宝塚音楽学校の公式サイトには、ソロを歌っているなつ颯都さんのお写真が掲載されているので是非みてみて下さい!

入団後その歌唱力を聴ける機会があったのは、2018年バウホール公演『ハッスルメイツ』ではないでしょうか。

この公演では下級生だけでのアカペラコーラスチャレンジのチームがあり、なつ颯都さんもメンバーに入っていました!

そしてその後、抜擢された『異人たちのルネサンス』新人公演では、大ソロがあるお役だったのでやはり歌唱力が買われたこともひとつの要因だと思います。

個人的おすすめは、2019年公演『オーシャンズ11』新人公演で演じたリビングストン・デル

天才ハッカーの役なのですが、登場シーンにソロがありまして…この曲がまた難しそうなのに歌いこなしててびっくりしました!

本役が歌の上手なことで知られる瑠風 輝さんなのですが、本役さんとはまた違ったアプローチでとっても魅力的に演じていました。

とはいえ、まだ研究科4年目と本当にこれから!な、なつ颯都さん。

今からその活躍を見守れるなんてワクワクしますね。これこそ宝塚ファンの楽しみではないでしょうか。これからもなつ颯都さんの活躍を期待しています!

新人公演に足を運んでみるのも新しい発見があって楽しいですよ…!(かなりのチケット難ではありますが…)

ぜひ宙組を観劇される際には期待の若手、なつ颯都さんにも注目してみて下さい!

最後まで読んで下さってありがとうございました。

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です