凰稀かなめの宝塚退団後の現在の所属事務所と活動は?結婚や実家もチェック!

こんにちは!
今回ご紹介するのは元宙組トップスター、凰稀かなめさんです。

「麗人」を体現したような圧倒的カリスマ性と演技力で宝塚を卒業してから更に活躍の場を広げる凰稀かなめさん。

今回はそんな凰稀かなめさんのプロフィールや卒業後の活動など気になることをまとめてみました!
どうぞ最後までお楽しみ下さい。

Sponsored Links

凰稀かなめのプロフィール

//www.instagram.com/embed.js

プロフィール
芸名:凰稀かなめ(おうき かなめ)
出身:神奈川県
誕生日:9月4日
身長:173cm
血液型:A型
愛称:「かなめ」「りか」「てる」
宝塚時代の来歴
1998年:宝塚音楽学校入学。86期生。

2000年:宝塚歌劇団入団。入団時の成績は20番。
花組公演『源氏物語 あさきゆめみし』で初舞台。
同年:雪組に配属される。

2002年:山科愛さんと共にTAKARAZUKA SKY STAGE第1期スカイフェアリーズを務める。

2005年:『霧のミラノ』で新人公演初主演を務める。

2006年:『Young Bloods! -魔夏の吹雪-』でバウホール公演初主演。

2007年:世界陸上大阪大会開会式にあわせて結成されたユニット「AQUA5」のメンバーに選ばれた。

2009年:4月14日付で、星組へ組替えとなる。

2010年:テレビ朝日とのコラボレーションで発売された『le sac des TAKARASIENNES(ル サック デ タカラジェンヌ)』のプロデュースメンバーとなる。

2011年:2月25日付で、宙組へ組替えとなる。

2012年:7月2日付で、大空祐飛の後任として宙組トップスターに就任。
相手役には花組から実咲凜音さんを迎える。
お披露目公演は『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』。

2015年:2月15日『白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-』/『PHOENIX 宝塚!! -蘇る愛-』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

Sponsored Links

凰稀かなめの所属事務所と現在の活動内容

凰稀かなめさんは事務所に所属されているのでしょうか?
調べたところ、ケイローズ株式会社 (旧 kファクトリー株式会社)という事務所に所属されているようです。
また、宝塚を卒業した2015年中に公式サイトを開設し芸能活動を開始しています。

卒業後の来歴
2016年:ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』マリー・アントワネット役。
2018年の再演時にも同じ役で出演している。

2017年:ミュージカル『花・虞美人』で宝塚歌劇団退団後初となる舞台主演を務める。

2018年:銀河鉄道999 40周年記念作品 舞台『「銀河鉄道999」~GALAXY OPERA~ 』クイーン・エメラルダス役で特別出演。
2019年の上演された銀河鉄道999 40周年記念作品 舞台『「銀河鉄道999」 さよならメーテル〜僕の永遠』にも同じ役で出演している。

2018年:ロマンティックコメディー『さよなら、チャーリー』にて主演を務める。
この舞台における演技で平成30年度(第73回)文化庁芸術祭演劇の部 新人賞(関西参加公演の部)を受賞する。

2019年:舞台『暗くなるまで待って』にて加藤和樹さんとダブル主演を務める。

2019年:『かなめのカタチ~Flexible~』主演

卒業されてから、多くの主演公演を行うなど舞台で活躍の場を広げているなと感じます。
多くの元宝塚のトップスターの方が卒業後舞台に立ってらっしゃいますが、ここまで主演されている方は珍しいなと感じます!
それだけ凰稀かなめさんの人気、そして演技力が評価されている証拠でしょう。

また、凰稀かなめさんは2019年にTBSで放送された「ノーサイドゲーム」に出演されたり、他にもバラエティー番組へ出演されるなどテレビでの活躍も目覚ましいです!
現役時代からテレビ出演を経験されたり、舞台以外の活動もされていた凰稀かなめさんですので映像で活躍するのも頷けます。

Sponsored Links

凰稀かなめは結婚してる?

宝塚をご卒業されてから5年が経過している凰稀かなめさんですが、ご結婚のご予定はあるのでしょうか?

調べたところ、そのようなご予定は無いようです。
熱愛などの噂もなく、以前結婚について聞かれた際には宝塚一筋だった為、まずは家族とゆっくり過ごしたい…といった内容を話してらっしゃいました。

凰稀かなめの実家がスゴイのは本当か

凰稀かなめさんの実家や親がお金持ちだという噂がありますが、本当なのでしょうか?

その噂とは、凰稀かなめさんの父親が実は大成建設の重役なのではないかというもの。
実際のところは分かりませんが、2000年頃に大成建設のホームページに掲載されていた記事の中で重役の方が「三人姉妹の末が宝塚歌劇団に入団した。」と話していらしたことから噂が広まったようです。

その重役の方の名字が凰稀かなめさんの本名と同じ「池口」だったことや、凰稀かなめさんは3人姉妹の末っ子だということから信憑性があると考えられています。

とはいうものの、噂は噂にすぎません。本人の口から聞くまで誰にも真実は分からないというのが本当のところではないでしょうか。

ここまで凰稀かなめさんについて気になることを色々まとめてみました。
宝塚時代からそのスター性で多くのファンを虜にしてきた凰稀かなめさん。卒業しても尚様々な作品に出演し、挑戦を続けていくお姿は本当に格好いいな…!と思います。
2020年、芸歴20周年を向かえた凰稀かなめさん、これからもその活躍から目が離せませんね!
最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Sponsored Links









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です