帆純まひろの本名・年齢や同期は誰?父親の職業と実家の場所や成績も気になる!

今回ご紹介するのは花組の次世代スター、帆純まひろさんです♪
新人公演の主演も務め今ノリにのっている帆純まひろさんについて、プロフィールや実家の情報、そして気になる舞台の評価などをまとめてみました!!
どうぞ最後までお楽しみ下さいねっ!

帆純まひろのプロフィール

プロフィール
芸名:帆純 まひろ(ほずみ まひろ)
誕生日:3月15日
出身地:兵庫県西宮市
身長:170cm
愛称:「せの」「ホッティー」「ズーミン」「ほずほず」
好きだった役:「新源氏物語」新人公演の六条御息所、「ハンナのお花屋さん」のヨージェフ

また、帆純まひろさんの特技といえば「バトントワリング」!!
幼い頃よりバトンワリングを習っていたそうです。

2018年の花組公演「ポーの一族」でそのテクニックを披露され話題になりました!
タカラジェンヌの方って本当に多才ですよね~

役によって必要な技術は本番までに身につけてきてしまうのが毎度スゴすぎる…!と感心してます(笑)

来歴

2011年:宝塚音楽学校入学。
2013年:宝塚歌劇団入団。
入団時の成績は37人中27番。
雪組公演『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』で初舞台。
2014年2月:花組に配属。
2015年8月:第2回台湾公演『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-/宝塚幻想曲』に出演。
2019年:『CASANOVA』で新人公演初主演。

帆純まひろさんが宝塚を好きになったきっかけ。
それは2007年の宙組公演「宙 FANTASISTA!!」を観劇した時でした。

この作品は元宙組トップ男役・大和悠河(やまとゆうが)さんが主演。

当時11歳だった帆純まひろさんは、学校でも家でも「コスモス!ファンタージスター!!」と歌っていたんだとか♪

ファンそのものですね!
幼い頃から宝塚を観られる環境は本当に羨ましいです!

Sponsored Links

帆純まひろの本名と年齢

帆純まひろさんの気になる本名は…

妹尾香穂さん

です!!

そして年齢ですが、帆純まひろさんは高校への進学はされず2011年4月に宝塚音楽学校へ入学されていることを考えると
1996年生まれではないかと推測できます。

つまり現在24歳ということになりますね、お若いのに活躍されていてびっくりしてしまいます!!

Sponsored Links

帆純まひろと同期は誰?

帆純まひろさんは2013年3月に99期生として宝塚歌劇団に入団しています。

初舞台は、雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」でした。
あの有名なベルサイユのばらで初舞台とは・・・とても貴重な経験ですね!

同期には
月組トップ娘役・美園さくら(みそのさくら)さん
を初め
雪組男役・諏訪さき(すわさき)さん
雪組娘役・彩 みちる(いろどりみちる)さん
星組娘役・小桜ほのか(こざくらほのか)さん
らがいます。

帆純まひろさんの入団時の成績は37人中27番と決して上位ではありませんでしたが、花組に配属後その甘いマスクと既に男役として完成されているのでは?という立ち居振る舞いからたちまち注目を集めました。

Sponsored Links

父親の職業と実家の場所

お父様のご職業などは、残念ながら確認出来ませんでした…が、最終学歴が中学校なので出身校は、
西宮市立甲陵中学校出身です!

西宮市といえば、宝塚市からもアクセスの良い場所にありますよね!!また、小学生の頃から宝塚観劇に訪れていたそうなので、ご家族にファンがいたのでしょう。

出身校は公立校だそうで、私立出身のイメージが多いタカラジェンヌの中では庶民派?と思いますが、幼い頃からバトントワリングやバレエを習っていたそうなので少なくとも良家の娘さんであることは間違いないと思います!

Sponsored Links

新人公演での歌の評価は?

帆純まひろさんが注目されるきっかけになったのはやはり、新人公演ではないでしょうか。

新人公演は回数は少ないものの、その限られたチャンスをいかに自分のモノに出来るかにかかっていると思います。

帆純まひろさんが注目された大きなきっかけは、

2015年「新源氏物語」
2016年「金色の砂漠」

この二つの新人公演で二番手スターとして活躍している、柚香 光(ゆずかれい)さんの役に抜擢されたことでしょう。

本役の柚香光さんにも劣らない美形っぷりで多くのファンを獲得し、男役としての完成度を示してきました。

しかし一方で、あまり歌の評判が聞こえてこないのも正直なところ。。。

本役の柚香光さんも歌が得意な方ではないので、ある意味助かっていたのかもしれません。

帆純まひろさんが大変苦戦されたと予想できるのは前作の「cassanova」での新人公演でしょう。

この公演は帆純まひろさんは念願の新人公演初主演を果たしました!
しかし本役は歌に定評のある明日海りおさん。
これは相当なプレッシャーだったでしょう、、、

さらに帆純まひろさんはお芝居の役へのプレッシャーから、悪夢をみることもあったそうです。

歌はまだまだ伸びしろがある帆純まひろさんですが、大きな強みは自分の弱点を知っていることだと思います。

歌が苦手だとしっかり自覚していることでさらに高みを目指せるのでしょう、ぜひどんどん磨きをかけて頂きたいです!!

花組期待のホープ、帆純まひろさんについてまとめてきましたが少しでも帆純まひろさんの、花組さんの舞台に興味を持って頂けたら嬉しいです~!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です